冊子 印刷

冊子には執筆したものや印刷したものを綴じたものや書物の装丁で、糊や、糸などの繊維を用いて綴じたものの総称という意味があります。本やパンフレットなど日々の生活の中でよく目にするものですので、誰もが一度は冊子を手にしたことがあることでしょう。また、冊子を読むだけでなく、お仕事や趣味などで冊子を印刷する機会がある方もいらっしゃると思います。お仕事の場合は会社に印刷機や本を綴じる機械があるかもしれませんが、趣味などで冊子を制作している場合はなかなかそのような設備はありません。その際には冊子の印刷や制作を業者に頼むことがあると思います。業者に冊子の印刷や制作を依頼するときにどのようなポイントがあるのか、また、業者に依頼するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

冊子の印刷を業者に依頼するときのポイント

写真集や小説、自分史やアルバム、漫画など、個人で冊子の印刷や作成を考える人が年々増えてきています。冊子の印刷を依頼する際には、サイズやページ数、綴じ方、冊数、カラーなのかモノクロなのか、紙の種類、制作スケジュールなどを決めておくことがポイントとなります。サイズやページ数は写真や文章などの記載する内容の量を検討する材料にもなります。また、サイズは見た感じの印象や持ち運びのしやすさにも関わる大切な要素です。綴じ方には中綴じや無線綴じなどの種類があるので検討が必要です。冊数もあらかじめ決めておくと安心で、大まかな数だけでも決めておくといいでしょう。冊子が必要な日にちが決まっているときには、その前までに冊子を仕上げなければならないので、それぞれの作業に必要な日数を考え、余裕のあるスケジュールを組む必要があります。

冊子の印刷を業者に依頼して得られるメリット

先ほどポイントとして挙げた事項が決定して、はじめて具体的な冊子の印刷や制作に関する見積もりを取ることができます。こうして依頼する業者が決定したら、冊子の印刷が行われますが、自身で行わず、業者に委託するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、仕上がりが高品質になることです。一般家庭にあるプリンターの性能も向上しており綺麗に印刷できるようになっていますが、やはりプロの設備と技術により、一層品質の高いものに仕上がります。次に、コストの心配が少ないことです。家庭用のプリンターではすぐにインクが切れてしまいます。もしカラーで印刷を行う場合はトナーを全色揃えなければなりません。専門の業者では、冊数が多いほど単価が安くなることもあるため、確認が必要です。そして、印刷にかかる時間を他に充てられることです。業者を上手に利用して効率的な作業を行いましょう。