冊子 印刷

自分の会社の紹介をしたいから、ちょっとした冊子を作って印刷しようと、きっと誰もが思うことですよね。でも、印刷を自分でして冊子にキレイにできるのでしょうか。同じ作るなら、キレイに作りたいですよね。そんなときは、冊子の印刷は商社にお願いしてしまいましょう。外注印刷の業者さんによっては印刷見本や用紙見本、カラー見本などを用意してくれている場合があります。無料で利用できることが多いので、ぜひ利用しましょう。必ず見本を見てイメージをつかんでおかないと、出来上がってからイメージと違ったなんてことになってしまいます。返品ややり直しがききませんから、そこは慎重に行いましょう。また外注することでコストも抑えられることがあります。見積もりをしてみて、比較することも忘れずに行いましょう。

冊子の印刷を業者に依頼することのメリット

まず、誰もがやった事のある年賀状の印刷を思い出してみてください。自宅でやればその場で手に入りますが、コストがかかっていませんか?インク代も結構かかりますよね。年賀状代だってかかります。そこに印刷するための労力をプラスすると、意外と外注の料金と変わらないかもしれません。そして、写真のキレイさも違っているはずです。印刷する枚数が増えたら増えただけコストパフォーマンスは外注の方が勝ってきます。それは、冊子の印刷にも言える事なのです。印刷スピードも違いますし、クオリティーも違います。容姿も自分たちで準備しようとすると大変です。そして印刷にかかるインク代金もかなりのものになります。最近では少ない枚数でも請け負ってもらえる業者も増えているので、まずは相談してみてくださいね。

冊子の印刷の以来の時に注意しておきたいポイント

冊子の印刷には、ページ数も重要になってきます。実は冊子は2つ折りにしたか見の折り目をホッチキスで止めて作る中綴じと、本の背を糊で止める無線綴じの2種類の方法があります。この方法の違いで、必要なページ数が違うので、間違わないようにしましょう。中綴じでは4の倍数のページ数が必要です。一方無線綴じは最低20ページ程度必要で、2の倍数のページ数であれば作れます。また、ページ数の数えたかにも注意が必要です。基本的には、表紙、表紙の裏、裏表紙の裏、裏表紙と本文がページ数となります。何も印刷されない部分もこのページ数には含まれます。目次へ印刷するページ数も、表紙や裏表紙をページ数に含めて記載する方法と、含めずに記載する方法とあります。混同してしまいがちなので、違いは理解しておくようにしましょう。