冊子 印刷

冊子は会社案内、商品案内、学校紹介など仕事をするうえで大事なビジネスツールです。冊子を受け取った人に印象が残せるような印刷が大事となります。サイズ、綴じ方、仕様、紙質など選んでいくと、何パターンもの冊子を作ることができます。自分で冊子を印刷するよりも業者で印刷をしたほうが出来栄えいいこともあり、業者に発注をかけて冊子を作る人も多くいます。冊子を印刷するにあたり、一般的に利用されているものが無線綴じ冊子や中綴じ冊子印刷です。中綴じは中央部分を針金で二か所綴じ、無線綴じは背表紙に接着剤を使用し、表紙でくるむ綴じ方です。印刷用紙ではコート紙やマットコート紙があり、質感がことなりますので、印刷した時の鮮やかさにも違いが出てきます。ページ数や何を印刷するのかなどを考慮し、綴じ方や印刷用紙を選んで冊子を作っていくこととなります。

印刷の依頼先にネットと業者迷ったら

近年はネットでも発注できるようになり、調べるとたくさんの業者をみつけることができます。比べてみても価格や納期に差はないですが、ネットの場合は一度発注をしてしまうと、その後の修正が難しいです。ですので、クオリティに不安を覚える人もいると思います。クオリティを重要視する冊子を作りたい場合は、印刷会社に依頼することも1つの手です。ネットですと差別化がつきにくいところもありますが、印刷会社の場合は下記のような点に注視すると、自分に合った印刷会社を選びやすくなると思いますのでご紹介いたします。基準とするものには、自社工場の有無、納期順守がきるか、企画から印刷まで対応可能か、取引実績の有無、従業員の対応などあります。冊子作りに自らも関わりたいと思う方は、業者の方と密に連絡を取れるような業者を選ぶと、理想とする冊子を作れます。

トラブルが発生した場合とその回避方法

冊子を印刷するときによくあるクレームとして、イメージと違った仕上がり、見積価格に修正費用がふくまれていなかった、納期に間に合わなかったなどがあります。このような事態を発生させないためにも、まずは冊子を印刷するとき何に注意するべきかを把握しておくことが大事です。印刷は小さなミスが後々大きなトラブルに発展してしまうことがあります。それを見過ごし完成してしまうと多方面に影響がでることがあります。ミスには業者の運用面やシステム面での不注意が考えられます。万が一、工程の途中でミスが発覚してもリカバリーできる対応力はとても重要となります。品質管理が徹底されているか、またなにかあったときに担当者との連絡がすぐに取れるかが重要となってきます。ミスの根底には、認識の甘さや思い込みがあります。業者に任せきりにするのではなく、自らも意識的に確認をすることで未然にトラブルへの対応が可能です。